栄養補助食品とかで食物繊維が強化してあるお菓子系の話

実は先日、一本満足バーのチーズタルト味を箱買い!してみたんですよ。

何でも食物繊維が結構多く入っているから、水分を多めに摂りながら食べると夕方からの頑張りに!と言うキャッチコピー通りに、それはそれは長い間お腹が空きにくいんだそうで。

早速、一口食べてみたら、あら!美味しい!と言う事で、あっという間に1本食べきってしまいましたね。

で、言われた通りに水分と一緒に食べてみたんですが、これがまた割と結構腹持ちが良いので、確かに夕方からの頑張りに!良さそうなお菓子だと思いました。

ただ、ちょっとチーズタルト味が結構美味しいので、ついついこれは2本目も食べたくなりますねぇ~。と言う事で、ついつい食べてしまったのです。

すると、その夜ある事が起こりました。

いつもはそんな事は無いんですが、急激にお腹が痛くなったんです。

これは、もしかしたら一本満足バーの呪いか?と思いました。

あのチーズタルト味の一本満足バーには、1本あたり2.7gの食物繊維が入っているのです。

それを、銚子に乗って2本も食べたら5.4gもの食物繊維を一気食いしたのと同じ事になるのです。

と言う事は、私のこのお腹の中で起こっている事は、一本満足バーに入っていた食物繊維が、腸内に蓄積していた老廃物=宿便なんかを色々押し出してくれたりとか、腸内フローラの活動を活発にしてくれていたりしていると言う事になります。

それであの腹痛と言う事なら、甘んじて受け入れるしかあるまい!と言う事で、その夜は腸内環境を正常化する食物繊維の働きを黙認して過ごしたのです。

夜が明け朝が来て、トイレに行って昨夜の腹の中で起きた顛末が出された後、凄い量が出た!と言う事もさることながら、腸内がかなりスッキリした!と言う感覚を久しぶりに感じた気がしました。

これは、うっかり2本食べてしまって後悔していましたが、腸内の事を考えるとコレもある意味ベストだったのか?と考えられずには居られませんでしたね。

まぁ、今回はうっかり食べてしまった結果が割と良かったのでヨシとする事にしますが、ただ注意して欲しいのは、食物繊維が多く入っているお菓子は、たとえお菓子だったとしてもうっかりで既定の量以上に食べない事だな~と実感した次第です。

途中はかなり腹痛に苦しみましたが、結果的には腸内環境正常化に貢献したと思う事にしましたよ。

と、人によっては何も起きない方もいるかもしれませんが、多分多くの人が食物繊維を急激に摂り過ぎるとこんな感じになる可能性があるので、たかがお菓子!と侮らないで、用法・用量を守って食べるようにした方が良い事を、身を持って知った日でした。

夏太りを解消するヘルシーおかずで、こっそりダイエットして行きましょう

実は最近、夏になるとかえって太ってしまう人が急増しています。

と言うのも、冬場は寒くて寒くて人体が体温を維持するためにセッセと体脂肪や日々の食事から摂るエネルギーを燃焼し続けているので、それで身体に余計な脂肪などが付きにくくなって痩せて行くと言う寸法なのです。

しかし夏は、既に気温が体温に近い温度になっているので、あえて体温を維持するために過剰にエネルギーを燃焼しなくても良い状態なので、夏バテ防止!とかスタミナ付けるぞ?とか言って、ガツガツ色々食べていると、あっと言う間に冬のスリムな面影が失われてしまうのです。

多分夏に太りやすい人は、5月頃からオカシイな?と気付くはずなのでこの時点で何らかの対処をして置けば、真夏に関取状態になる!とか言う最悪の事態を免れる事が出来るんですが、何にもしないでズルズルと時間が過ぎていくと当然脂肪の蓄積が早まるのです。

でも、誰にも気づかれずにこっそりダイエットして行きたいと言う人は多いと思うので、ココは一つ日々の食事からダイエットをして行く事にして行きましょう。

毎日の食事に摂りいれやすくて低カロリーな食材と言うと、何を思い出すでしょうか?

寒天?海藻?こんにゃく?とありますが、実はキノコ類がかなり低カロリー&食物繊維が豊富な食材なのです。

キノコのカロリーはですね、100gあたり20kcalしか無いので、もし1kg食べたとしても200kcalと、ご飯茶碗1杯程度にしかならないのです。

と言う事で、キノコとコンニャクを使った簡単ヘルシー低カロリー丼を伝授しましょう~

まずキノコはスーパーで売られているブナシメジだったり、はたけしめじ・霜降りまいたけ・舞茸・エノキダケ・エリンギなど色々ありますが、どれでも好きな物を使ってください。

とりあえず今回はブナシメジ(1パック)で行きたいと思います。

コンニャクは、生芋コンニャクという、白っぽくて半透明っぽい感じのモノを選んでください。

普通のグレーに黒い点々が入っているコンニャクはあまりダイエット効果が無いので、ダイエットのために食べていた方はこの生芋コンニャクの方がお勧めです。

コンニャクのダイエット成分であるグルコマンナンが活かされている方が生芋コンニャクになりますので、是非覚えておいてください。

コンニャク(1個)は袋から出したら、ブルンブルンになるようにコンニャクの繊維を断ち切ります。

と言っても、包丁で切るのではなく手で端の方を持って上下に揺らすと、何だかコンニャクの内側から何かが伸びきって行くのが分かると思うので、その何か=繊維を伸ばして行ってください。

これをするとしないとでは、コンニャクの全てを活用出来なくなる可能性があるので、是非!ブルンブルンになるまでやってください。

次は、コンニャクを食べやすい大きさにカットしてください。

ブナシメジと一緒なので、ブナシメジと同じくらいの大きさがお勧めです。

次に、フライパンにすき焼きのタレを1:1(水)の割合で流し込みます。

1:1の用量は、お好みでお願いします。

火を点け、中火でたれを熱したら、先程切ったコンニャクといしづきをカットしたブナシメジを投入して下さい。

しばらく煮て、ブナシメジやコンニャクにたれの色が浸透して茶色っぽくなったら火を止めて下さい。

蓋をして、5分程置いたら完成です。

あとは、アツアツご飯の上にかけて食べるとかなり!低カロリーな丼が出来ます。

この丼の具材のカロリーは、生芋コンニャク1袋が200gで約14kcalで、ブナシメジは約100gなので20kcal、たれのカロリーは使用量にもよりますが、大体50kcalと想定して=84kcalなんですが、この量だと2人前の具材になるので、2で割ります。

そして普通盛り1杯約240kcalのご飯にかけると~・・・282kcalの丼の完成!です。

1人前約300kcal未満の丼なら普通に牛丼のカロリーの約半分以下なので、摂取カロリーを減らしてこっそりダイエットする事が出来ますので、夏のダイエットはこの方法で乗り切って行きましょう!

目の下のたるみは毎日マッサージしていれば無くなる可能性あり

時々目の下のたるみ=目袋が凄いたるんでいるオバさんを見かけたりしますが、この部分ってちょっと膨れているだけでかなり歳を多めに見られたりする、老け顔の定番!的箇所だと思うのです。

他にも老けて見られるパーツで言うと例えば白髪が多いとか目尻の小じわがとかもあるかも知れませんが、それよりも、パっと見老けてるなー!!と感じる部位の一つが、この目袋=目の下のたるみなのです。

このたるみは、いつの間にか出来ていた!と言う人が多いんですが、それは違いますね。

いつの間にか出来たりはしないのです。

多分最初の第一歩的に発生したたるみは、目の下のクマとかそんな状態だった可能性があります。

そのクマを放置して放置して放置して居続けたりして1年位経ったある日、またじっくり自分の顔を鏡で見た時にはもう・・・・時すでに遅し?って位目の下がたるんでいたのかも知れませんねぇ~。

で、もし目の下のクマをたるみをケアしていたならば、15歳は老けて見られる目の下のたるみを発生させずに済んだ可能性はあるのだろうか?と後悔しているかもしれませんが、確かにクマが発生する度にケアしていたら現在、そのたるみは無かったと思いますよ。

そもそも寝不足で発生するクマの正体は、血行不良が原因なので、血行を良くするマッサージを毎日する事で目の下のクマはおろか、将来の目の下のたるみまで取る事が出来たのです。

しかし、今、既に目の下にあるたるみに悩んでいると言うならば、その都度発生していたクマに対して、何かしらのケアを全くして来なかったと言う事になるのです。

ある意味、自業自得です。

そんなたるみ切った目の下の部分を、今更どうにかしたいだなんて虫が良すぎると思うんですが、でも実年齢より15歳以上も老け顔に見られるこの生活から脱却したい!場合は、それ相応の努力をして行く必要があるのです。

その方法とは、単なるマッサージです。

結局たるみは血行不良の積み重ねによってたるんでいった!と考えた方が良いので、これからでもじっくりマッサージをしていくのがベストなのです。

ただ、すっかりたるんでしまった目元をスッキリたるみの無い目元に戻そうとするなら、じっくりマッサージを続けて行っても早くても1年位はかかる事を覚悟していってほしいです。

今日明日ケアしたところで治ったら、整形でもしたの?と聞きたくなりますので~。

目の下のたるみをスッキリさせるのは一日にしてならず、千里の道も一歩から!という事で、じっくりマッサージをしてたるみを解消して行きましょう。

マッサージの際は、目のたるみに効果のあるクリームやオイルを使ってお肌に負担無く実践して行ってください。

ダイエットクッキーの代名詞である豆乳・おから入りクッキーは・・・

前々から疑問に思っていてでもあまり実行しているおからクッキーメーカーがいない事から、あえてここに宣言させて頂きますと、豆乳&おからが入ったクッキーって、元をただせば大豆が丸ごと入っている!という事になりませんかね?

わざわざ豆乳として搾り、おからとして集めたものをまた一つの所に入れるという事は、大豆を丸ごと使ったきなこを入れればイイだけの話のような気がするんですが。

きなことは書かれていないですが、基本的には内容物は同じだと推測される、ソイジョイという栄養補助食品的お菓子に使われている大豆粉は多分きなこなんじゃないか?と思うんですよ。

現に、クッキーなどを自分の家で手作りする時に、粉の半分位をきなこにすり替えてクッキーを焼いたら、ちょっとソイジョイ?っぽい味わいになるので、きなこを使ってクッキーを作っても全然イケると思うんですけどね。

多分わざわざおからを使う背景には、きなこに含まれる食物繊維の量がおから単体で同量入れたよりも少ないんじゃないか!と考えられます。

確かにきなこを入れた方が効率は良い気がしますが、食物繊維を中心で配合させたいとするならば、おからを多めに入れた方が断然効率が良い訳です。

たんぱく質多めの食事の代わりになりそうなクッキーを作る時はきなこを入れた方が良くて、ダイエット目的の食物繊維多めにしたい時はおから事態を入れてクッキーを作った方が良い!という事が分かったところで、めでたしめでたし。

サブコンテンツ

このページの先頭へ