「風邪」の記事一覧

脳卒中かと思ったらインフルエンザだった?!

この前、オノ・ヨーコさんが脳卒中で倒れて意識不明的な報道を見た時は、ええ?!っと目を疑いましたが、先日の新しい情報では、本当はインフルエンザで今は退院してピンピンしているよ!的なメッセージを息子さんが出していたので、胸をなでおろした感じです。

どうも、インフルエンザの症状と脳卒中などの脳の血管関連の病の初期症状が酷似している為、オノ・ヨーコさんのように高齢の方にその症状が現れた時に、インフルエンザなのか?脳卒中なのか?で診察した医師の意見が分かれたりするようです。

しかし両方とも一刻を争う状態になっている事は間違いないので、診察する医者の方々には正しい判断と迅速な処置を求められるわけです。

この、どうしてインフルエンザの症状を脳卒中と間違えてしまったのかと言うと、両方とも似たような初期症状があるところからきています。

脱水症状であるとか、話す言葉がろれつが回っていないとか、吐き気がするとか、頭痛がするとか結構類似する症状があるので、頭をCTスキャンなどで撮影して出血の状況を確認してみたり。又は鼻水からインフルエンザウィルスが検出されるのか否か?を確認する必要があるのです。

ただ、今回は先に脳内の検査の方を行って、それで何も異常が無いのにこの症状は・・・・もしや!的な感じでインフルエンザと分かったようですが、これとは逆のパターンもある場合もあると思うので、医療関係者の方々には十分注意しながら両方の検査を行ってほしいと思いましたよ。

本格的なインフルエンザの流行期到来

今年に入り超巨大で凄い勢力の寒気が日本列島に襲い掛かり猛威を振るっていますが、実はその中でこっそりインフルエンザも流行期というヤツに入ってしまっていました。

そもそもインフルエンザというウィルスはですね、寒さと乾燥を好むんですが、今正にインフルエンザに適した環境を人間が多く作り出す気候条件になったという事で、その感染力を高めているのです。

でも外は寒いけど雪降ってるから乾燥してないよと言われる声も聞かれますが、実はインフルエンザが感染する場所は、人間が暖房に温まってぬくぬくしている、その時なんですよね。

何て言うかストーブの近くにいると乾燥する感じがしますよね、

正にその環境が理想で、ストーブからちょっと離れた空気の乾燥した室内に漂い、人の呼吸で吸い込まれたりしたらもうインフルエンザの思うツボなんです。

それに、電車の中やデパートの中など大勢の人がごったがえす空間もまた乾燥して暖かいので、インフルエンザの理想の空間になっているのです。

なので、家に帰ったらすぐ手洗い・うがいを欠かさず、その時は殺菌効果のある石鹸だったり手を拭いた後にアルコールを拭きかけたりしてください!

うがいも、殺菌効果のあるうがい薬を数滴入れた水、又はぬるま湯でうがいすると、更に効果的です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ